〒581-0831 大阪府八尾市山本町北3-3-6
近鉄大阪線河内山本駅北口から徒歩15分・近鉄バス大和橋駅徒歩1分/駐車場:2台あり)

受付時間

9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
※土日祝も対応可(要予約)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-51-8107

自己破産のツボ

自己破産⼿続きの要注意点を以下に紹介します。

保険は解約しないといけない︖(⾃⼰破産の場合)前編

今回は破産⼿続における「保険」についてお話したいと思います。

 

 

破産⼿続は、原則として破産開始決定時点で申立人が所有している一定規模以上の財産を換価(現金に換えること)して、債権者に配当することが必要な手続きです。

 

 

そのため保険についても解約返戻⾦がある場合はその価値がいくらなのか調査しな

ければなりません。

 

では、保険に解約返戻⾦がある場合、必ず解約して配当に充てなければならないの

でしょうか?

 

ここで⾃⼰破産⼿続には管財⼿続と同時廃⽌⼿続があることをまず理解しておかな

ければなりません。

 

通常の⼿続は管財⼿続で、裁判所に選任された破産管財⼈(主に弁護⼠さん)が申

⽴内容の調査や財産の管理処分をします。

 

しかし、すべての申⽴を管財⼿続にすると事務⼿続量が膨⼤になってしまう(裁判

所の事務がパンクしてしまう)ため、管財⼈に申⽴内容をことさら調査させる必要

がない場合やほとんど財産がない場合は例外的に同時廃⽌という⼿続で処理する運

⽤がなされています。

 

現在、個⼈の⽅の⾃⼰破産申⽴は多くがこの同時廃⽌⼿続です。

 

⼤阪地裁ではこの同時廃⽌⼿続の場合、財産として換価する必要のある価額を20

万円以上としています。

つまり、20万円以上の価値のある財産は原則換価しなければならず、20万円未満で

あれば換価不要で⼿元に残しておくことができます。

 

これを前提にして後編では同時廃⽌⼿続における「保険」の取り扱いについて、さ

らに考えてみます。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-51-8107
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日(土日祝は要予約)

主な業務地域

大阪府、大阪市、八尾市、東大阪市、堺市、枚方市、寝屋川市、柏原市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、大東市、吹田市、四条畷市、茨木市、高槻市 大阪府下全域
兵庫県、神戸市、川西市、宝塚市、尼崎市、西宮市、京都府、京都市、奈良県、奈良市、和歌山市