〒581-0831 大阪府八尾市山本町北3-3-6
近鉄大阪線河内山本駅北口から徒歩15分・近鉄バス大和橋駅徒歩1分/駐車場:2台あり)

受付時間

9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
※土日祝も対応可(要予約)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-51-8107

自己破産事例集

⾃⼰破産⼿続きの具体的な事例について紹介します

事例集(自己破産編)

Aさん(40代女性) 生活費不足/債務総額 約300万円

Aさんは、離婚した後に⼦供と2⼈で⽣活をするようになりました。

 

しかし、離婚した夫からはまったく養育費を⽀払ってもらえず、Aさんのパート収

⼊のみ(15万円)で⽣活をしていかなければならなくなりました。

 

その後、慢性的な⽣活費不⾜に陥り、持っていたクレジットカードのキャッシング

で借⼊れをするようになりました。

 

15万円の収⼊では⽣活していくのがやっとで、返済をしていく余裕もなく、

済のために借⼊れをするような状況が続き、気がつけば借⾦総額が300万円近く

になっていました。

その後、どの業者も借⼊れが限度枠いっぱいになってしまい、返済に⾏き詰った

ところで相談に来られました。

 

⽣活状況や財産関係についてお伺いしたところ、今後も継続して返済していくこと

が不可能だったため、⾃⼰破産の申⽴てをすることになりました。

 

⾃⼰破産を申し⽴てた結果、裁判所へ出頭するようなこともなく、書⾯審査のみ

で無事に免責決定を受けることができました。

 

事例集(自己破産編)

Bさん(30代男性)ギャンブル/免責審尋/債務総額200万円

Bさんは会社の営業マンとして働いていましたが、営業成績不振から上司から罵声

を浴びせられることが多くなり、そのストレス発散のためにパチンコにのめりこむよ

うになってしまいました。

 

始めのうちは、毎⽉5万円の⼩遣いの範囲で楽しむだけでしたが、パチンコに⾏けば

⾏くほど負けが嵩み、パチンコで負けた分をパチンコで取り戻そうとした結果、とう

とう給料のほとんどをパチンコで使い果たすようになってしまいました。

 

そのため、妻に渡さなければならない⽣活費を消費者⾦融から借り⼊れるようにな

って借⾦が増え始め、あっという間に借⾦総額は200万円を超えることになり、⾃

分の⼩遣いだけでは返済ができなくなったBさんは、⽣活費はおろか、返済のための

新たな借⾦を重ね続け、借⾦は瞬く間に膨らんでしまいました。

 

これ以上返済を続けていても借⾦がどんどん増えるだけだと考えたBさんは、⾃⼰破

産をする決意をしました。

⾃⼰破産を申し⽴てた結果、借⼊れの理由に問題がある(免責不許可事由)という

ことで、裁判所から免責審尋の期⽇を設けられました。

免責審尋の期⽇に裁判所へ赴いたBさんは、裁判官から現在⾃分が置かれている⽴場

や免責不許可事由などについての説明を受けた後、免責決定を受けることができまし

た。

事例集(自己破産編)

Dさん(50代  男性)       医療費/倒産/債務総額約600万円/⾃由財産拡張制度

家賃8万円の賃貸住宅に妻と⼆⼈で住んでいたDさんは、収⼊が⼿取りで30万

円ほどあり、ある程度ゆとりのある⽣活を送っていました。

 

しかし、⽗親が突然ガンを患ってしまい、その⼿術代を捻出するために消費者⾦

融から50万円を借り⼊れました。毎⽉の返済額が2万円程度だったため、問題な

く返済していけると思っていたのですが、その後も⽗親の体調が戻らず、継続的に

医療費を援助する状態が2年ほど続き、この間に計10社から借⼊れをするように

なり、借⾦総額が600万円近くまで膨れ上がってしまいました。

 

また、勤務先が倒産したことにより転職を余儀なくされ、収⼊も⼿取りで20万

円程度まで下がってしまい、これ以上の返済が不可能になり⾃⼰破産の申し⽴てを

することになりました。

 

破産を申し⽴てた結果、Dさんには⽣命保険の解約返戻⾦80万円があったた

め、管財⼿続きとして処理されることになりましたが、⾃由財産拡張制度を利⽤す

ることにより、保険を解約せずに済み、無事免責決定も受けることができました。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-51-8107
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日(土日祝は要予約)

主な業務地域

大阪府、大阪市、八尾市、東大阪市、堺市、枚方市、寝屋川市、柏原市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、大東市、吹田市、四条畷市、茨木市、高槻市 大阪府下全域
兵庫県、神戸市、川西市、宝塚市、尼崎市、西宮市、京都府、京都市、奈良県、奈良市、和歌山市