個人再生Q&A

 

小規模個人再生手続とはどういう手続きですか??

通常の再生手続きと同様に、再生債権者による再生計画案の決議を経ることが必要になる手続きになります。

 最低弁済額と清算価値のいずれか金額が高い方を基準として弁済していく手続です。

 給与所得者等再生と異なり、再生計画案に同意しない旨の回答をした議決権者が議決権者総数の半数以上いる場合、または同意しない旨の回答をした議決権者の議決権の額が議決権総額の2分の1を超えた場合は手続が廃止されてしまいます。

 廃止された場合は他の手続(給与所得者等再生、任意整理、自己破産)を検討しなくてはなりませんので、どの手続を利用するか充分な検討が必要です。

        事例はこちら

▲このページのトップに戻る