小規模個人再生 事例

AS158_L.jpg個人再生(Dさん35歳 配偶者一人 )

 

Dさんは8年前にマンションを購入し、現在も月約10万円の住宅ローンを支払い続けています。

5年前に、会社が倒産し、今の会社に転職するまでの間、住宅ローン等の支払いのために、失業手当の不足部分を毎月10万円程度を、消費者金融から借り始めました。

しかし、なかなか次の転職先が見つからず、失業手当の支給も終了し、借入額も増えていきました。

ようやく再就職先も見つかったのですが、転職当初は給与も少なく、なかなか借入の依存から抜け出せない状況でした。気がつけば借金の合計は約460万円にも膨らみ、Dさんと妻のパート収入を合わせてもとても支払える額ではなくなっていました。

住宅ローンもまだまだ残っており、「自己破産」をするしかない・・・と考え、もうマンションは手放すしかないと諦めていました。

 

AS173_L.jpg

まずは相談をしようと考え、電話の無料相談をしました。

そこでマンションを手放さなくてもなんとかなるかもしれないと言って頂き、必要書類を集め、相談に向かいました。

相談相談の結果、Dさんは、住宅ローン含めて毎月15万円ぐらいなら返済していけるとのことでしたので、マンションを手放さず(住宅ローン特則)に住宅ローン債権以外の債権を圧縮し3年間(原則)で支払う計画を予定し、小規模個人再生を裁判所に申し立てる事にしました。

 

小規模個人再生とは、原則、借金の総額を5分の1または100万円のどちらか多い額まで、減額することができ、それを3年で返済するもので、住宅ローンがある場合は、原則的に従来どおり住宅ローンを支払い続け、その他の借金についてのみ、減額することができるということでした。

結局、Dさんは、小規模個人再生申立手続きを行い、住宅ローンを除く借金は100万円まで減額されました。

つまり、毎月住宅ローンの支払いとして10万円、その他の借金を毎月約2万8000円を返済(3年間)し、合計約13万円の支払いをしていくことになりました。

 

 

 

▲このページのトップに戻る