〒581-0831 大阪府八尾市山本町北3-3-6
近鉄大阪線河内山本駅北口から徒歩15分・近鉄バス大和橋駅徒歩1分/駐車場:2台あり)

受付時間

9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
※土日祝も対応可(要予約)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-51-8107

個⼈再⽣のツボ

個⼈再⽣⼿続きの要注意点を以下に紹介します。

個⼈再⽣か⾃⼰破産か

個⼈再⽣と⾃⼰破産、どちらの⼿続をとるべきか?
このテーマは多くの場⾯で遭遇します。
簡単にいうと、⾃⼰破産すべての債務の⽀払いを免除してもらう⼿続で、個⼈再
債務の⼀部を弁済し、残りの債務の⽀払いについては免除してもらう⼿続
す。
 
⼀⾒すると、⾃⼰破産のほうがいいように思えます。
 
しかし、⾃⼰破産は申⽴をした時点で持っている財産のうち⽣活する上で必要最低
限以外のすべてを換価(現⾦に換えること)し、債権者に配当しなければなりませ
ん(但し、その価値次第では換価しなくてもよい場合があります)。
 
⼀⽅、個⼈再⽣はすべてではありませんがほとんどの財産を⼿元に残しておくこと
ができます。
 
中でも⼀番⼤きな特徴は⾃宅を残しておくことができる点です。
 
⾃⼰破産の場合、住宅ローンの残っていない⾃宅であれば当然売却して現⾦化しな
くてはなりません。
 
また、住宅ローンが残っている場合でも、それがオーバーローンになっているか否
かに関わらず、任意に売却して住宅ローンの残債務に充てるか、そのまま住み続け
てもほどなく住宅ローン債権者によって競売に掛けられてしまいます。
いずれにせよ⼿放さなくてはならないわけです。
 
しかし、個⼈再⽣の場合、⼀定の条件(「住宅資⾦特別条項」といいます)
を満たしていれば⾃宅を残しておくことができます。
 
⾃宅や財産の有無だけでなく、ほかにも職業制限・資格制限がある場合、免責不許可事由
ある場合も、⾃⼰破産ではなく個⼈再⽣の選択を検討する必要があります。
 
せっかくの再スタートのチャンスなのですから、様々な情報から判断してご⾃分にとって⼀番良い⼿続を取ることが⼤切です。
 
そのためには我々のような法律専⾨家を上⼿にご利⽤ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-51-8107
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日(土日祝は要予約)

主な業務地域

大阪府、大阪市、八尾市、東大阪市、堺市、枚方市、寝屋川市、柏原市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、大東市、吹田市、四条畷市、茨木市、高槻市 大阪府下全域
兵庫県、神戸市、川西市、宝塚市、尼崎市、西宮市、京都府、京都市、奈良県、奈良市、和歌山市